クレジットカード決済端末の100%IC対応化がはじまっています!

急増するクレジットカードのスキミング・偽造被害
POSレジからの情報漏洩・盗難を防ぐために
2020年までに店舗でのICカードリーダー設置が必須となります

「割賦販売法の一部を改正する法律」が経済産業省により2016年12月9日に公布されました。
この改正事項により、対面(店舗)では2020年3月、非対面(EC、通販)では2018年3月から決済端末のIC対応化等が義務化されます。

引用元: 「割賦販売法の一部を改正する法律」公布

<改正割賦販売法で定められた法令>
1.店舗の売上伝票などを含め、カード番号を漏洩してはならない。
2.漏洩しない為に、IC端末などの措置を行わなければならない。
<罰則>
1.カード情報を漏洩した場合、カード会社は加盟店に対し、立入検査、報告書徴収が求められる。
2.カード会社より加盟店契約の解除、加盟店情報センタへの報告等が行われる。

今やクレジットカードは店頭での取引だけでなく、インターネット取引での決済方法としても一般的になっています。
2015年時点での日本国内のクレジットカード発行枚数は約2億5,890万枚、利用額は約50兆円。

一方でクレジットカード情報の盗難や偽造による被害も急増し、同年の被害額は約120億円にものぼります。この被害を防ぐため、(一社)日本クレジット協会において 「2020年、東京オリンピックまでにクレジットカード及び加盟店の決済端末のIC対応化100%」を実現するための実行計画が策定されました。
POSレジやクレジット端末を使用されている店舗での不正使用対策に有効なものが「カードのIC化」です。
お店もお客様も安心・安全にお買い物を行うためにぜひ、カードのIC化に取り組みましょう。

図:クレジット取引による不正使用金額の推移

ICクレジットにするメリットとは?
ICチップ対応クレジットカードは何が違う?

従来:磁気ストライプ式カード

  • カードリーダが広く普及・使える店が多い
  • 簡単に情報の抜き取りスキミングが可能
  • 本人認証が手書きサインのみで不正利用されやすい

今後:ICチップ式カード

  • スキミングされにくく、カード情報が安全に守られる
  • 偽造することが困難
  • 本人認証が暗証番号入力のため不正利用されにくい

ICチップ対応クレジットカードが使えるとココが変わる!

ICチップ対応クレジットカード

  • サインの必要がなくなり決済がスピーディに
  • 偽造の心配がなくなり、お客様もお店も安心
  • 磁気不良による読み込み不可がなくなる

ICクレジットカード決済を始める!

POSレジNAVIでは、ICチップ対応クレジット決済端末(磁気カードにも対応)の導入を承っております。

PCIDSS準拠で安全安心

クレジット決済代行システムはPCIDSS(※1)に完全準拠しています。

さまざまな業種に対応

新規開業でも安心。飲食店はじめ多くの業種に対応します。

写真:ICチップ対応クレジット決済端末
(※1)クレジットカード情報保護に関する国際セキュリティ基準。

改正割賦販売法に対応。
高性能ICクレジットカード決済端末。

クレジットカード決済の導入により、お客様の支払いニーズに応え、販売チャンスを逃しません。 また、2020年3月より対面式店舗での設置が義務化されるIC付カード対応端末のため、最新のICチップ付き、従来の磁気ストライプ両形式のクレジットカードでの決済が可能です。

有名カードブランドに対応

主要ブランドVISA・Master・JCB・Diners・AMEXの処理が可能です。 ※ライフカードとの加盟店契約が必要です(VISA、Master)。

セキュリティ国際基準に完全準拠

カード処理システムは業界基準のPCI-DSSのレベル1に準拠。POSレジ自体にはカード情報を保持しないため、盗難や漏洩といった心配はありません。大事なお客様のカード情報を守ります。

写真:高性能ICクレジットカード決済端末

POSレジとセットもしくは、クレジット決済のみ導入も可能。

写真:POSレジとセットもしくはクレジット決済のみ導入

すでにPOSレジを導入されていて、ICカード対応決済を導入したいという場合にも、新規開業でPOSレジ・タブレットPOSとクレジット決済を一緒に導入したい、という場合にも対応いたします。

※1 インターネットにつながるWindows POS、レシートプリンタが必要です。
※2 他社POSを使用されている場合、POSにアプリケーションをインストールする必要があります。
※3 決済センターへ通信するため、インターネット回線につながっている必要があります。
※4 当社のアプリケーションからレシートプリンタへの出力ができることが条件となります。

ICクレジットカード決済 導入におすすめの業種一例

クレジット決済導入におすすめの業種一例を紹介します。その他業種にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

飲食店
画像:飲食店
決済端末が持ち運びできるためテーブル会計も可能に。
レストラン、居酒屋、バー、和食、懐石、フレンチ、イタリアン、焼肉など
美容
画像:美容
カラー、パーマ、縮毛矯正などの高額支払いに!カード払い対応で集客力アップ。
美容室、美容院、ヘアサロン、ネイルサロン、まつげサロン、整体など
アミューズメント施設
画像:インターネットカフェ
使い方が簡単なので、新人のアルバイトやパートでもすぐに操作が可能。
インターネットカフェ、漫画喫茶、体験型カフェ、複合型施設など
小売店
画像:アパレル
在庫管理機能が付いたPOSレジと連携し商品管理が簡単に。
アパレル、百貨店、スーパー、宝飾品、家電量販品、雑貨店など
宿泊施設売店
画像:宿泊施設売店
海外からの観光客のカード決済ニーズに対応し、集客力アップ。
土産物販売、レストラン、バー、食堂、マッサージなど
カラオケ

団体での支払い時、金銭のやりとりをなくして会計をスムーズに。
カラオケ、ダーツ、ビリヤードなど

ICクレジットカード決済導入におけるよくあるご質問

  • 利用するにあたりに必要な環境は?
  • インターネットにつながるWindows POS、レシートプリンタが必要になります。
  • 対応可能なカードブランドは?
  • VISA・Master・JCB・Diners・AMEXです。加盟店申請としてはライフカード、JCBの2社との契約でご利用になれます。
  • 支払回数は?
  • 1回払い、分割、リボ、ボーナス払いが可能です。
  • 磁気カードは使えますか?
  • はい、使えます。
    ただし、IC運用上、ICチップが付いたカードは接触型のIC処理から行うようになっており、磁気を意図的に利用しようとしてもエラーとなり、IC利用へと遷移します。
  • 売上代金の入金サイクルは?
  • 月2回締め、月2回払いでカード会社から加盟店様へ入金されます。


パソコン用決済アプリ「BeCAT」

「BeCAT」とは?

お手持ちのパソコンにインストールするだけでPOSに依存せず、単独で利用できるアプリです。ICクレジット決済端末をお申し込みいただくと、無料で利用することができます。

動作環境
OS Windows 7、Windows 8、
Windows 8.1、Windows 10
CPU 1Ghz以上の32bitまたは64bitプロセッサ以上推奨
メモリ 2GB以上推奨
その他 .net Framework3.0以上がインストールされていること
写真:単独決済アプリ「BeCAT」
※ 別途レシートプリンタが必要となります。