こんにちは。

 

いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

 

営業担当の皆藤です。

 

本日は、日頃お客様からご質問をいただくことが多い
EasyPOSの3つの導入方法についてお話しさせていただきます。

 

さっそくですが、下記のとおりざっとまとめてみました。

 

①リース
初期費用・・0円
月額費用・・レンタルより若干割安※5年~リースの場合
リース期間・・3年~6年

【メリット】
初期費用がかからず月額費用もレンタルに比べて若干割安です。
【デメリット】
リース期間中は解約が出来ません。

 

②レンタル
初期費用・・周辺機器代+設置設定費
月額費用・・リースより若干割高
レンタル期間・・最低6カ月

【メリット】
リースに比べて、期間の縛りが短いです。
【デメリット】
初期費用が発生し、月額費用もリースより若干割高です。

 

③現金一括購入
初期費用・・POS本体+周辺機器+設置設定費
月額費用・・保守料金のみ
期間・・最低利用期間なし

【メリット】
期間の縛りもなく、月額費用も保守料金のみで運用が可能です。
【デメリット】
初期費用が最も高額。

 

どれも一長一短ですが、
新規のお店はレンタル、既存店はリースもしくは現金購入という
ケースが多いように思われます。

 

導入するにあたり、イニシャルコストとランニングコストのバランスは
非常に重要な要素です。

具体的な金額など、詳細については是非ご相談ください。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

お問い合わせはコチラ