飲食店の売上管理には、POSシステムを活用できる機能が多くあります。 ここでは、そのPOSレジの機能を活用する方法ついてご説明します。

売上データの解析機能

画像:解析機能

POSレジでは、「どの商品が」、「いつ」、「どれくらい売れたのか」というデータをリアルタイムで集計することができます。そのため、「時間」、「月間」、「分類」、「日付」などのカテゴリー別に、 売れた商品の内容や数などを分析することができます。
また、月間、年間予算の達成率を見ることができるため、経営目標の見直しなどに役立ちます。

自分の店の売れ筋商品を把握することは、固定客を掴んだり、売上をアップさせるための対策を考えることに繋がります。アンケートを取ったりお客様に直接意見を貰うことも大切ですが、日々の業務に追われていると、なかなかそのような時間を設けることができないということもあるでしょう。

しかし、POSシステムを利用すれば、売上データ解析やカスタマーデータの活用などを、短時間で効率よく行うことができます。

顧客管理機能

画像:顧客管理機能

「座席が埋まっているにも関わらず、予約を受けてしまった」
「予約の日時を書き間違えてしまった」
POSレジの予約管理機能を使用すれば、そのような事態を減らすことができます。
予約をした日時や人数はもちろん、座席の空き状況も一目で見ることができます。
また、ご予約内容を入力する際も、簡単な操作で入力ができますので、忙しい時でも予約を受け付ける対応ができるようになりますし、アルバイト、パートの方々でも安心して操作を行うことができます。

販売管理機能

POSレジは会計データを自動で集計することができるため、閉店後の閉め作業や、現金過不足のチェックなどを短時間で行うことができます。
また、売上データが自動でアップロードされるので、売上日報を作成する手間なども省くことができます。

画像:販売管理機能

また、この販売管理機能で記録された売上データは、マーケティングに活用することができます。例えば、ランチの際に複数種類の定食を提供していて、ハンバーグ定食が一番売れているということがデータから 分かれば、新メニューの開発の際にそのデータを活かして「和風ハンバーグ」のメニューを作るなど、お客様のニーズに沿ったメニューを考案することにつながります。
逆に、あまり売れていないメニューも確認することができるので、メニュー改善策を考えることにも繋がります。
POSレジではメニュー情報の登録、追加、削除を簡単に行うことができるので、新メニューや季節限定商品を急遽追加することや、人気のないメニューの削除などを行うことができます。 どの商品がどれくらい売れたのかを数字で把握することで、お客様のニーズを把握できるので、今後の店舗運営に活用することできるのです。

画像:レジ周辺機器

さらに、EasyPOS(イージーポス)では、バーコードリーダーやレシートプリンタなどのレジ周辺機器や、お客様から注文を受けたらその場でオーダー入力が可能な「オーダーエントリーシステム」、 お客様の来店履歴や、お会計に応じたポイントを管理する「会員カード」など、売上管理に役立つ機器をオプションとして追加することができます。
POSレジと合わせて使用することで、売上管理だけでなく、業務で発生する手間を省くこともできるので、ぜひ利用してみてください。

POSレジアドバイザーとは?