こんにちは。

 

いつもEsyPOSスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

 

営業担当の皆藤です。

 

3月も後半にさしかかり、春の訪れが待ち遠しいこの季節
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

この時期、非常に多いのが

「4月のオープンに間に合いますか?」

というお問い合わせです。

 

答えはもちろん「間に合います!」なのですが、
間に合わせるためには、お申込書類の送付や初期費用のお支払い以外にも

ネット環境の準備、商品マスタの作成等、お客様にもご協力していただくことがいくつかあります。

 

商品マスタの作成に関しては、新規オープンの場合
既存のデータがないため、全て手打ちになることもあります。

商品数が千点以上にもなってくると、オープン準備で忙しい中、
1日や2日で終わらせるのはおそらく厳しいでしょう。

 

もしどうしても、商品登録が間に合わなかったら・・

 

実際に商品登録が間に合わず、オープンを迎えるお店も意外と多く、お店の方から

「商品登録をしていない商品はどのように販売したらいいですか?」

と不安気に聞かれることがあります。

 

そのような場合は【部門売り】で会計を行いましょう。

部門売りとは商品の大分類名だけを選択し、金額を手打ちして
会計を行う機能のことです。

 

POSレジではない普通のレジにも普通についている機能なので、

ご存知の方も多いと思います。

POSレジには逆にこの機能がないと思っている方がたまにいらっしゃいますが、
EasyPOSにも、もちろんこの機能がありますのでご安心ください。

 

しかし、この部門売りで会計を行っても、当然ですが具体的にどの商品が何個売れたかは
わかりませんし、商品の在庫数も減りません。

 

これでは、POSレジを導入した意味が半減してしまいます。

部門売りはあくまでも緊急用や単品管理が必要ない商品の場合だけにとどめておきましょう。

 

商品登録は最初は大変ですが、出来る限りのお手伝いやアドバイスをさせていただいております。

お急ぎのお客様も、全商品を登録した状態でオープン出来るよう全力でサポートさせていただきます。

4月オープンに間に合わせたいお客様。

お問い合わせお待ちしております!

 

▼お問い合わせ・資料請求はこちら

https://www.easypos.jp/contact/