こんにちは。

いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

営業担当の遊佐です。

EasyPOSグループに配属されて、

早くも3ヶ月が経とうとしています。

仕事に慣れてきたこともあり、

店舗で使われているレジに自然と目がいってしまいます。(笑)

現状、一般的なレジスターを使用している

店舗が多いような気がします。

POSレジを導入すれば業務の効率が上がるのに

と個人的に思っています。

業務の効率化を図るサービスの一つ、

ASPを紹介します。

ASPとは、

「Application Service Provider」の略で、

インターネットを通じて、利用者が

どこからでもソフトウエアを利用できるサービスです。

こんな感じのイメージです。

20160920095041

 

一般的なレジスターだと、閉店後の売上集計や

在庫の管理などは、手動で行っていることが多いと思います。

しかし、ASPを利用したPOSレジを導入すれば、自動で集計されます。

自動集計されることで、手作業でのミスを防ぐことが

でき、人件費などのコスト削減にも繋がります。

また、CSV出力も可能となっており、データ比較も

簡単に行えます。

複数店舗を運営している方にも嬉しい機能があります。

各店舗のデータを一元管理することで、パソコンや

スマートフォンから売上集計や在庫状況を確認する事ができます。

利用者に応じてアクセス権限を変更することも可能です。

業務の効率化を図りたいと悩んでいるお客様!

今すぐご連絡下さい。

実際の管理画面をお見せしながら、

ご案内させていただきます。

一件でも多くのお問い合わせをお待ちしております。