いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。
営業担当の朝倉です。

 

軽減税率対策補助金制度が始まってから暫く経ちますが、いよいよ申請期限まで半年を切っている状況です。

 

補助金が出るならPOSレジを導入したいというお問い合わせも多いのですが、ご検討をするPOSレジが補助金対象だから受け取れるということではなく、補助を受けるには受給資格を満たしている必要があります。

 

 

軽減税率とは、平成31年より消費税が10%に引き上げられた際に税を軽減される商品の税率(8%)の事を指します。

 

対象商品は、飲食料品、テイクアウトや週2回以上発行される新聞などがあげられます。但し、酒類および外食に関しては対象外となります。

 

例を挙げると、飲食店で店内での飲食については10%の税率となりますが、テイクアウトをしたときの税率は8パーセントとなります。

このように複数の税率に対応したレジの導入に対し補助が受けられます。

 

申請にあたっては不備やそもそも受給資格のない申請が目立つようです。

基本的には導入後に交付されるものになりますので、あとからお金が戻ってくると思っていても申請が却下されれば戻ってきません。

自身の店舗が補助が受けられる店舗なのか、ご判断に迷った時はご相談くださいませ。

ご検討の際は、是非、EasyPOSへお問い合わせください。

 

▼お問合せはこちら▼

https://regi.marugoto-navi.jp/