こんにちは。

いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

営業担当の皆藤です。

先日、お電話で空港内に小売店をオープンされるお客様からEasyPOSのお問合せを頂きました。

免税対応のレジをご希望とのことでしたので

「EasyPOSは免税対応なので大丈夫です!」

とお答えしましたが、電話を切ったあとにちょっとした不安が・・

普段、免税対応のお問合せが大変多いため、条件反射的に「大丈夫です!」と答えてしまったものの、EasyPOSが対応しているのはタックスフリーショップ(消費税免税)のほうであって、国際空港でよく見かけるデューティーフリーショップ(関税免税)には対応していないからです。

調べてみるとデューティーフリーショップの申請は大変ハードルが高そうだったため、まず間違いなくタックスフリーショップだと思いましたが、お客様の出店する空港も国際空港だったため、念のため再度お客様に確認をしました。

案の定お客様からは

「関税のほうは申請が難しいので消費税の免税だけで大丈夫ですよ。」

とおっしゃっていただき一安心・・

ちなみに、タックスフリーショップとデューティーフリーショップの違いは、意外と知らない方も多いと思いますので簡単に説明すると

タックスフリーショップ・・・根拠法は消費税法。消費税・ガソリン税が免税
デューティフリーショップ・・・根拠法は関税法。消費税・関税・たばこ税・酒税が免税

となります。
我々がお問合せをいただくのはほぼ100%タックスフリーショップです。

 

20161029102241

デューティーフリーショップは主に空港免税店といわれ、文字通り空港内にあります。

タックスフリーショップは街の中にあるため、空港免税店との対比で市中免税店ともいわれます。

沖縄に行ったことがある方なら、街の中に大きなデューティーフリーショップがあることをご存知かもしれませんが、ああいったものは空港型市中免税店と呼ぶそうです。

この空港型市中免税店、以前は沖縄だけにあったものでしたが、今年の1月27日に本州初の空港型市中免税店が銀座三越でオープンし、大きな話題を呼びました。

免税で買った商品は出国前に成田空港か羽田空港で受け取る仕組みになっていて、日本人でも利用可能です。

出国の一カ月前から利用可能なため海外に行く予定のあるかたにとっては大変便利ですね。

今後、空港型市中免税店はどんどん増えていくそうです。

そうなれば、いつかEasyPOSがデューティーフリーショップに対応する日がくるかもしれません・・

今後も日々進化していくEasyPOSにご期待ください!