こんにちは。
いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
サポート担当の林です。

 

 

師走も暮れて、忙しさが勢いを増す今日この頃。
そんなときに気をつけたいのが、操作ミスです。

 

操作ミスの根本は、ちょっとした気の緩みであることが多いです。
もちろんいつも気にかけたいところではあるのですが、
忙しいときや気持ちに余裕がないときには、特に注意が必要です。

 

レジ操作におけるミスは、売上管理に直結するばかりか、
お客様との信頼関係にも影響を及ぼす危険性があります。
忙しくて手が回らない、というような状況に陥った時こそ、
日頃ルーティンで行ってしまいがちなさまざまな処理を見直す。
長い目で見れば、そういうことに少し時間をかけることも必要です。

 

とはいえ、ほとんどのミスは、
冷静になって適切に対応することができれば、
いくらでも取り返しのつく問題であることが多いので、
言ってしまえば、ミスがミスということに気付いた時点で、
その問題は既に解決しているとも考えられるような気がします。

 

ミスを気にしているとさらにミスを誘発するのが人の常。
ということかもしれません。

 

そんな中で、取り返しのつかないミスというものが
世の中には存在するのもまた事実です。
例えば、データを消去してしまった。
あるいは、データを書き換えて保存しまった。

 

こうなるともう大変です。
一度壊れてしまったものをもとに戻すのは難しいです。
デジタルなデータも例外ではありません。
一度消えてしまったデータは多くの場合、永遠に戻りません。

 

そんな厳しい状況に陥らないための対策。
確実な方法はひとつしかありません。
バックアップを取ることです。

 

データは常に変動します。修正することもあるでしょう。
業界によってはそれはほとんど常識なのですが、
既存のデータに変更が生じる場合には必ず元のデータを取っておく。
それでもミスを防げない場合もありますが、
バックアップがあれば少なくとも変更をかける前の状態に
戻すことはできる。データ消失という最悪の展開は避けられるわけです。

 

忙しい時にこそ、作業はいつも以上に丁寧に。
データが変更される際には必ずバックアップを取っておく。
この二点を意識するだけでも、ミスを減らすことはできるはずです。

 

忙しい時にこそ、一旦手を止めて、深呼吸して、状況を俯瞰する。
というようなことを、少し心がけてみてはいかがでしょうか。

 

 

EasyPOSグループは年末28日まで営業しております。
POSレジをお探しの際には、ぜひご一報ください!
▼POSシステムのお問い合わせはこちらまで。
https://regi.marugoto-navi.jp/contact/