こんにちは。
いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
サポート担当の林です。

 

 

年が暮れてまいりました。
特に小売店では毎日忙しくて泣きそうなくらいでしょう。
うれしい悲鳴というやつです。

 

とはいえ、少しでも仕事の負担を減らすことはできないものかと
思いたくなるのも分かります。
接客業の年末の忙しさは体の芯に響くのです。。

 

店舗経営の仕事の負担を減らすといえば。

 

そうですね。
POSシステムです。

 

在庫管理や売り上げ管理などの効率性を飛躍的に高めるPOSシステム。

 

初期投資はどうしてもかかりますが、長い目で見れば、
業務改善の分を考えるとそう無駄な投資ではないように思われます。

 

とはいえ、システムの選び方によってはレジを打ちにくくなってしまったり、
かえって管理が大変になってしまったりするということもありますので、
POSを導入する際には、そのシステムが運営する店舗の業態に相応しいかどうか、
よく吟味する必要があります。

 

特にPOSというのは、その店舗の種類によって向いているもの、
向いていないものが存在します。極端な話、小売店として使うはずの店舗で
飲食店向けのシステムを利用しても用途がまったく異なるわけですから、
そうなってくると使い勝手以前の問題です。

 

小売店に必要とされる機能を搭載した小売店向けのシステム。
その販売スタイルに合ったシステムを選択して、うまく使いこなすことができれば、
POSシステムは極めて利便性の高い業務の簡易化を図ることのできるシステムです。

 

閉店業務や売上管理にかかる時間を大幅に縮小することができるので、
勤務時間の短縮や、人件費の削減にダイレクトに繋げることが可能です。
小売店のPOSは小売向けに特化したパッケージのものが販売されていますので、
そういったシステムを導入すれば、多くの業務に対応することができるのです。

 

ですが、どのような機能が必要なのかということを知っておいた上で
システムを選ぶほうが間違いは減るというものです。
では、小売店の業務にとって必要な機能とはどのようなものでしょうか。

 

まず、在庫を一元的に管理、売上や注文の管理を簡易化する機能があげられます。
売上と在庫を管理することができて、注文までデータを繋げるという機能が重要です。
予め商品データをバーコード化することによって、店頭での在庫の推移と管理上の
入出庫を紐づけると、作業効率は飛躍的に改善されるでしょう。

 

 

また、レジの操作感と顧客データ管理機能も押さえておきたいポイントです。
タッチパネルなどで販売をすることができるという機能があれば、
商品番号の打ち込み間違いなどのミスを軽減することができるでしょう。
ポイントカードを発行することで、ビッグデータをうまく活用することもできます。
これらの機能は、業態を限らずPOSシステムを導入するにあたって特に注目したい
機能であるといえます。

 

EasyPOSグループでは、据え置き型のPOSレジのほか、
タブレット型のPOSレジもご用意しております。
POSレジをご検討の際にはぜひ一度、ご紹介ページまでお立ち寄りください!

 

小売店向けパッケージ詳細はこちら▼
https://regi.marugoto-navi.jp/package/retailing/