こんにちは。

 

いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

担当の青木です。

 

2017年も残すところあと1か月となりました。

身の回りでは風邪を引いている方が増えたように思いますが、

ラストスパートをかけて悔いを残さない良い一年の締めくくりをしたいものです。

 

さて、今回は先日ニュースで見たことをきっかけに改めて考えさせられた喫煙に関する話題です。

 

一つ目は、某大手外食チェーンの本社で禁煙が義務付けられたというものでした。

本社に勤務する社員全員に対し社外での喫煙も禁止とする内容が話題となったようです。

特に罰則などは設けていないということでしたが、該当のインタビューでは「やり過ぎでは?」という声もありました。

 

もう一つは、たばこ休憩は不平等であるという非喫煙者の意見から「スモ休」という有給休暇制度を取り入れた企業があるとの内容で、

喫煙者がたばこを吸いに席を立っている時間を休み時間と換算し、年間6日の有給休暇制度を設けたとのことでした。

社内では好評ですが、ネット上では「みんな好きな時に休憩を取ればいい。」など賛否が分かれたそうです。

 

ブログを読んでいる喫煙者、非喫煙者の皆様はどう感じましたでしょうか。

 

2003年健康増進法が施行され、近年飲食店などでの分煙化が進んでおります。

東京オリンピックに向けて更にこのような動きは日本社会全体で加速していくものと思います。

その波が企業に及ぶのも時間の問題と言えるかもしれません。

 

ここ数日間で喫煙に関する話題を目にしたので紹介させていただきました。

社会の常識が変わる事柄として、今後も興味を持って見守ってまいりたいと思います。

 

 

分煙化を進めた店舗様、導入を考えてる店舗様、

POSレジのことはEasyPOSグループに何でもご相談下さい。

これからもEasyPOSグループを宜しくお願い致します。