こんにちは。

 

EasyPOSスタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

サポート担当の鹿嶌(カシマ)です。

 

新規出店を予定している方は、みなさんオープン予定日に向けて様々な業務に追われ、ご苦労なさっていると思います。

店舗のコンセプト、メニュー構成、スタッフの求人などのソフト面の準備を進めると同時に、テナント選定、内装設計、各種工事、行政への申請などハード面、つまり実際の店づくりも進めなければなりません。

 

一般的にはハード面の手配を進めながら、その進捗に合わせてソフト面の準備を進めていく事が多いようですが、POSレジについては比較的お店が出来上がってから検討されているように感じます。

 

そこで、これから出店を考えているオーナー、ご担当者様に提案したいと思います。

是非、内装設計に間に合うようにレジを選定してください!

 

先日偶然立ち寄ったお店のレジがタブレット型のPOSレジだったのですが、タブレット端末がカウンターに埋め込まれていて天板とフラットになっていました。

この画像のようなイメージです。

 

 

さらにレシートプリンターも天板下に収めてあるので、カウンターにはレジ端末の存在感が一切ありませんでした。

 

カウンター上の作業スペースを十分に確保できるだけでなく、場合によってはお店の雰囲気、イメージに合わないレジの機械を見えなくすることで、とてもスタイリッシュな作りになっていました。

 

設計段階でPOSレジが決まっていれば、それに合わせたレジカウンターをデザインし、より魅力的な店づくりが可能になります。

 

我々メガグループにご相談いただければ、テナント探し、設計、工事から、店舗に必要な通信関連設備の手配、店舗スタッフの求人、もちろんPOSレジも含めて全てワンストップでご提案することが出来ます。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

 

こちらをクリック▶店舗の課題をまるごと解決