こんにちは。
いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
サポート担当の林です。

 

円滑な店舗運営に必要不可欠なレジ。
店舗運営にとって、今やレジはなくてはならないものです。
しかし会計処理の際に、肝心の人間が操作を誤ってしまっては
元も子もありません。とは言うものの、いかに注意を払おうとも、
人間が操作している以上、ミスはどうしても発生してしまいます。
これは避けられない。そのように思っておいたほうが、
リスクに遭遇したとき、柔軟に対応できるように思います。

 

その中で、いかにしてミスを最小限に抑えることができるか。

 

とにかくチェックすること。大事ですね。

預かり金、釣銭の受け渡しに間違いがないか。都度チェックします。
まず自分の目でチェックし、近くのスタッフにチェックしてもらい、
お客様にも口頭でチェックしてもらい、釣銭を実際に指で弾いて
もう一度チェックし…なんてやっているうちに無駄な時間が経過し、
お客様もだんだんイライラしてきて、何でもない些細なことで結局怒られる…
そんな光景は、繁盛しているお店であればあるほどあるあるだったりします。
またあるいは、チェックしている暇がないからといって横着した結果、
ミスが多発してレジ誤差が一向に減らない。これも結構あると思います。

 

ミスを減らす一番の方法。
それは、工数を減らすことです。工数が多いと手数が増えます。
手数が多いほうが、リスクに遭遇する確率は高くなる。
ということは、工数=手数を減らせば、あたりまえのことですが、
ミスの原因となるリスクに遭遇する確率も減ると考えられる。
ミスをなくすのは難しいですが、減らすことは確実にできると思います。
とはいえ、必要最低限な工程はあります。
何でもかんでも工程を削ればいいというものでもない。
困ったものです。

 

では工数を減らすためには具体的にどうすればいいのでしょうか。
そう。操作を単純化するのです。
チェックすることは大事ですが、そもそもの工程が少なければ、
チェックする回数も同じように減らすことができます。
ただでさえ忙しい店舗運営です。単純化と効率化は
店舗運営の生命線といっても過言ではありません。

 

そこで、この問題を解決できる一つの方法として、
われわれEasyPOSグループでは、POSレジを選択肢に入れることを提案しています。
POSレジは、その操作系をできるだけ直感的にするべく進化してきました。
それは工程を削減し、リスクに遭遇する確率を減らすということでもあります。
例えば、ボタンひとつで売上登録が可能なシステム。
従来のように、製品番号やJANコードなどの情報を手動入力していたものが、
あらかじめ登録しておけば、ボタンひとつで情報を引き出すことができる。
こうしたインターフェイス側からの改善が、
ミスの発生率を抑えるのに役立つことは想像に難くありません。

 

また、EasyPOSグループの提供するPOSレジの最大の特徴は、
用途に応じたパッケージによるサービスと搭載機能です。
搭載機能を最低限にブラッシュアップしているため、
他社製品に比べて、価格を抑えることに成功しています。
また、EasyPOSの劇的な納期短縮を可能にしたのも、
搭載機能のパッケージ化にあると言えます。

 


▼業種別パッケージ一覧はこちら▼
取扱い商品一覧

 

複雑な機能は不要、気軽にPOSレジを導入したいと考えている
ユーザー様から特にご好評をいただいております。
少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひお問い合わせください。

 

EasyPOSグループ一同、ご連絡をお待ちしております!