こんにちは。

 

いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

サポート担当の鹿嶌(カシマ)です。

 

2017年1月から始まった「セルフメディケーション税制」ですが、みなさんご存知でしょうか?

簡単に言うと、特定の市販薬を購入した金額が年間で1万2000円を超えた場合に、1万2000円を超えた金額分だけ所得控除を受ける事が出来る制度です。

 

定期健康診断、メタボ健診、予防接種、がん検診などを受診している事、全ての市販薬が対象となるのではなく、対象となるのはスイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)と呼ばれるものといった条件はあるのですが、かぜ薬、胃腸薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬など多くのものが対象となるので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

 

【詳しくはこちらをご覧ください】

厚生労働省特設ページ

 

さて、このセルフメディケーション税制ですが、申告の際に該当商品を購入したことを示す領収書(レシート)が必要になります。

そのレシート上でセルフメディケーション税制の対象商品と対象外の商品が区別できるようになっていなければならないのですが、EasyPOSはセルフメディケーション税制に対応したシステムをご用意しております。

 

是非お問い合わせください。

お問い合わせはこちら