こんにちは。

 

いつもEasyPOSスタッフブログをご覧いただき、

ありがとうございます。

担当の青木です。

 

先日、ラフティングをしてまいりました。

途中、岩から飛び込みが出来るスポットがありまして、

約7mの高さから飛び込みをしました。

躊躇していたら絶対に飛べない高さでした・・・。

 

何事もやってみる勢いが大切だなと感じた今日この頃でした。

 

 

この頃の出来事でEasyPOSに関連する話題と言えば、

先日、某大手アパレルショップへ行った時のセルフレジでの会計です。

5点くらいの商品を選び、いざ会計へ向かうと、

「セルフレジの導入を始めました。」の文字が大きく書かれ、

・・・店員さんの立つカウンターが無い・・・と思いました。

 

まぁ、何事もないようにレジ前まで行きましたが、内心は全然やり方が分からず焦りました。

 

少し説明をすると、商品のハンガーを外し、買い物かごに入れたままレジ下のBOXへ入れる。

するとレジ画面に商品と金額が表示され、クーポンを使用するかの選択画面へ。

その後確認キーを押して会計処理をして終了。というのが一連の流れでした。

 

文章で書くと簡単に聞こえますが、いざやってみると本当に分からなかったです。

 

このレジの仕組みは、私がこのスタッフブログ内で度々紹介してきた「ICタグ」が採用されており、

商品についたICタグの情報をBOX内でスキャンしているのです。

 

いよいよ身近なところにICタグが出回ってきたなという思いでした。

 

以前のブログで書かせていただきましたが、メーカー、卸、小売りまでを1社で行う企業では

導入が進んでいくと思います。

しかしながら、確かに会計スピードも速く、何よりも最先端を利用している気分、

更には人と接する機会も無いので、それが良いという見方ももしかしたら一部あるかもしれません。

今後レジシステムがどのように進化していくのか、

身を持って体験したことで非常に気になった、今日この頃でした。

 

今後も動向をお伝えしてまいります。

これからもEasyPOSスタッフブログを宜しくお願い致します。

https://regi.marugoto-navi.jp/package/retailing/